上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
モモ…本日、避妊手術を受けてきました。
我が家に迎えると決めた時から、モモの避妊手術は決めていました。
しかし実際にやるとなると…正直悩みました。

ベル&リリーの時同様、健康な身体にメスを入れる事に抵抗はありました。
でもパピーちゃんを産む事をお仕事にしてきたモモ。
ヒートが来たらどうなるのか想像も出来ないし…お仕事は終わったのです。

これからのモモの事を考えて決断しました。
心臓の事も含めてベルやリリーの時とは違う不安はありました。
でも…
無事に終わりました。麻酔からも覚め自宅に帰ってきています♪
モモ頑張りました!本当に現役引退です。


院長先生にいろいろと説明を聞き、すべてお任せしました。
病院によって方針が違うんだなぁと改めて実感。
院長先生はなるべくストレスが少ないように…と考えてくれていました。
最終判断するのは飼い主本人ですから。
モモにとっても私にとっても、この病院に決めて良かったなぁ。

院長先生から取った子宮を見せて頂きました。
シーズン中ではないのに、片側の卵巣だけ腫れてました。
このままにしておいたら蓄膿症になっていたかも?!
たくさんのパピーを育ててきてくれた子宮にお礼を言ってきました。

あとはモモがしっかり回復し、元気になるのを待つだけです。
日帰り手術は私も初めての経験です。
抜糸まではしっかりケアしていきたいと思います。
モモお疲れさま。今日はゆっくり休んでね。


【これまでの流れの記録】
Ⅰ:手術1週間前は血液検査を実施。
   血の止まり具合や肉の付きやすさなど調べるため。
Ⅱ:前日の夕飯を食べ終わった後、絶食・絶飲
Ⅲ:当日は早めの入院、またはギリギリまで自宅待機を選択
   我が家は後者を選択。
Ⅳ:手術中は待合室で待機、または手術立ち会い
   こちらは前者を選択。
Ⅴ:麻酔から覚める時は、家族がそばにいる事
Ⅵ:麻酔の覚め具合を診て、そのまま退院
   必要であったり、希望であれば入院可能
スポンサーサイト
2008.10.04 / Top↑
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。