上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
4月11日 ベルさんが虹の橋へ旅立ちました。

四十九日まではお空とお家を行ったり来たりしてるかな?
それでも一番仲良しのイフちゃんが出迎えてくれたと思うと、ちょっと安心している私です。
きっと当時のように、イフちゃんとベルとで楽しくピクニックでもしてるだろうなぁ(笑)
駆け回るよりも、まったりとオヤツ食べながらつもる話しに花が咲いているんでしょうね(ぷぷ)


4月7日に痙攣発作を起こし、昼間は病院で過ごし夜は自宅に戻る日々。
あっという間だったけど、やれるだけの事はやったので後悔はありません。
ただ13歳で心臓にまったく異常のないキャバリアが、どこまで行けるのかは
見てみたかったなぁ…とは思います。

私の気持ちは、そりゃ~期限なくずっとずっと一緒にいたい。
でも命あるもの、いつかは別れが来る。。。
ベルさんが決めた最期の時を私は受け入れるしかありません。

「10歳過ぎたら 神様がくれる時間」

ある程度の覚悟を胸に、毎日ケアしていた気もします。
最期の時まできちんとケア出来た事、ありがたく思います。
しかも最期の時はベルさんの大好きなおと~さんに抱かれて眠るように逝きました。
ひとりで逝かせなくてよかった。苦しまなくてよかった。それだけが救いです。
ベルさんの姿はなくなってしまったけれど、ベルさんと過ごした13年の月日は
ずっとずっと大事な宝物。

ワンコと暮らしたい!!
その願いを叶えてくれたベルさん。
ベルが居たからリリーもモモもいる。
全てがベルから始まっている。きっとこの先もずっと続く…。
だから忘れる事なんて絶対にないし、むしろ今まで以上に心が寄り添っている感じ。
不思議な感じです。

ベルさん うちの子になってくれてありがとう
ずっとずっと大好きだよ!!

お世話になったみなさん、可愛がって下さったみなさん、ありがとうございました。


スポンサーサイト
2015.04.25 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。